トップ > 冷え性コラム > 冷え性と睡眠

冷え性と睡眠

大きな関係があるといわれている、冷え性と睡眠。
1日のうちで人の体温が最も低いのは朝起きる前で、起床後は次第に上昇していき、夜になるとまた下がってきて眠りにつきます。
体温は、夜になるとどうして下がるのでしょう?
体温を下げることで、人は基礎代謝を抑えて脳を休ませ、さらに眠りにつこうとしているのです。

でも、体温を下げることが、冷え性の人にはうまくできません。
血管を拡張させて皮膚の表面に血液を集め放熱している状態が、体温が下がる時の特徴です。
しかし、冷え性のせいで血液の循環が悪くなっている人にとっては、このように放熱を皮膚からおこなうことはむずかしいのです。
だから、冷え性の人は夜になっても体温が下がりにくく、なかなか眠りにつけません。

また、冷えや寒さを感じやすい冷え性の人は、寒いのが原因でなかなか眠れない、という場合も多いですよね。
冷え性を改善することが、ぐっすり眠るためには不可欠なのです。
冷え性は、運動や食事で改善することもできますが、完全にしっかりと改善するには時間が少しかかります。

どうしたら心地よい睡眠を、冷え性の人でもとることができるのでしょう。
まず大切なのは、寝室の環境を整えることです。
18℃〜23℃程度が、快適に眠ることができる室温です。
寒い時に温度設定を高くしてしまうと、眠る前に体の温度が下がらなくなってしまう場合があるので気をつけてくださいね。
暖房器具は、しっかり就寝前に消しておくことをおすすめします。

寝具を選ぶ時は、素材に気をつけてみましょう。
寝具は、通気性、保温性に優れたものを選ぶと良いですね。
やはり羽毛布団が、掛け布団として優れています。
布団の上げ下ろしも、軽いので楽ですよね。
羊毛布団は、クッション性があるので敷き布団としておすすめですよ。
布団は毎日使うものなので、質の良いものを選んでくださいね。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「冷え性コラム」です。
冷え性に関するコラムを掲載しています。
冷え性は女性だけでなく、男性でもお悩みの方が増えています。
また、「隠れ冷え性」というものもあり、注意が必要です。
関連ページ

冷え性はどうして女性に多い?

女性で冷え性に悩んでいる人は多いですが、冷え性で悩んでいる男性ってあまりいないで...

男性と自律神経

女性に多い体のトラブル=「冷え性」というイメージになっていますよね。 女性と男性...

男性と冷え性

最近では、女性だけでなく男性でも冷え性に悩んでいる人が増えています。 自律神経が...

冷え性と睡眠

大きな関係があるといわれている、冷え性と睡眠。 1日のうちで人の体温が最も低いの...